日本語ラップ.xyz

日本語ラップの感想を書いています。

紹介文1『DOTAMA BEST/DOTAMA』

 

『DOTAMA BEST』

 

前のサイトの始まりの記事は、このCDからでした。
だから、今度もこれから、始めます。

私はただのスーパー店員でヒップホップ知識は無く、興味もありませんでした。

サイトを作ろうと思ったきっかけは、フリースタイルダンジョンを見てでした。

「こんなに言い争いしてるのをTVで放送していいんだ。」

って思って、そこから、ラッパーという存在を認識しました。

それまで、ラッパーって…漠然としたイメージでしかわかりませんでした。

まず、自分と住む世界が違うし、自分の生活に関わらない概念だったから、あまり、ラッパーというものを意識して音楽を聞いたことはありませんでした。もちろん、ラップジャンルの音楽を知らなかった訳ではないですが、具体的にラッパーを想像しろと言われると…いまいちよくわからないものでした。

フリースタイルダンジョンは、そういうラッパーがよく分からない状態で見た番組なので、ある意味、私の"ラッパー像"の基本になっていると思います。

やっぱり、基本的に最初に印象が残っているものの方が、聞きやすいので、どうしても、ラップを音楽として見た場合には、バトルと、かけ離れていない音源の方が、耳障りが良く感じて、自然と聞き入り易かったように思います。

その時、私の"ラッパー像"の大半を占めているのはバトルをするラッパーだったからだと思います。

ただし、これから、紹介しようとしている音源は、私が、最初、聞いた時その輪郭とは少し違うものがあると感じた音源です。

外れていると書いていますが、DOTAMAさんは、フリースタイルダンジョンのモンスターです。だから、外れているというより、バトルど真ん中といえばそうなのです…

ですが、そのラップスタイルは、個性的で、他との違いは明確に分かると思います。

第一に声とフロウが特徴的なのは誰が聞いても分かることで、スタンダードに”ラッパー”って言った場合の私たちの想像からは通常、かけ離れているものです。
「HIP-HOPは皆、個性的だし、お前が言っているのは、至極、当たり前の事だ」と言われてしまいそうなので、もう少し説明を足します。

声やフロウ以上に特徴的なのは、リリックです。

DOTAMAさん自体、ずっとサラリーマンであったこともあり、リリックの随所にそんな精神性が感じられます。サラリーマンの人は社会の中にたくさんいます。真面目な人もたくさんいます。誠実に働く人、こつこつ地味に積み重ねる人、こういう人がいるから、社会は上手く回っているのですが、真面目にやってるのに表立ってはなかなか評価もされなくて、ちょっとふてくされてしまった人達に聞いてもらったら、元気になってもらえるようなリリックが多いと思います。

HIP-HOPのスタンダードは、どうしてもアウトローなリリックが多い故に、スタンダードからは少し外れたところにあると感じてしまいますが、DOTAMAさんのリリックは、私達の生活の中ではスタンダードなことをラップで歌いあげているので、共感すべき点は多いのでは無いでしょうか。

だとしたら、私達にとってはとても身近な心境であり、共感できるHIP-HOPの形だといえます。普通の人の生活に関わるHIP-HOPだから、普通に生きてきた人たちにはリリックの内容が痛いほど分かるのではないかと思います。

この記事では、「DOTAMA BEST」から、私が勝手に何曲か選んでリリックと共に紹介したいと思います。リリックに共感を覚えたら、是非、音源で聞いてみてください。


【好きな歌が街にあふれて】

 

”クソな歌が街に溢れて 君の気持ちはささくれるけど”
”好きなあの子を笑顔にするなら なんだかどうでも良くなる”
”好きな歌が街に溢れて 君の気持ちは温まるけど”
”暮らしはあんまり良くならないから なんだかちょっぴり悲しいぜ”(1)


この曲はもともと『リストラクション~自主解雇のススメ~』に収録されています。他に【通勤ソングに栄光を】という曲と共に収められており、こちらも社会や生活と音楽の関係性について考えさせられる曲で『DOTAMA BEST』にも収録されています。もし…働いている人に薦めるなら【通勤ソングに栄光を】の方が共感できるし、前向きな気持ちになれると思います。

これから私が紹介する【好きな歌が街にあふれて】は、上記に引用したリリックを見てもらうと分かるように、切ない感情が散りばめられた曲です。

トラック自体が、なんとなく楽しくて、なんとなく切ない感じがします。私のトラックに対する語彙力が低いので、こんな紹介しかできませんが、聞くと分かります。
リリックは、私の語彙力以上にこのトラックを上手く説明していると思います。その時点で凄いなと感心してしまいます。
この曲を選んだ理由は、トラックとリリックの互換性が高く、表現力も高いので、聞き入ってしまう部分があるからです。

上記引用部分を見る限りでも、曲に皮肉交じりにも、音楽に対する愛があるのを感じます。

音楽は人の心に何か感情をもたらして作用する効果はあるのだけれど、共感できるかは人それぞれだし、物理的に豊かになるわけではありません。人と人との感情の軋轢、変わらない生活や社会との音楽の関わり方が、幻想的な雰囲気なのに、どこか現実味をおびたリリックで書き連ねられ、ちょっとだけ後味の悪さを残します。

上記引用は曲のフック部分ですが、曲の後半でこのように展開されます。

 

”好きな歌が街に溢れて 君の気持ちは奮い立つけど”
”次の週には忘れちゃいそうで 不安で毎日呟く”
”10年に1つの素敵な歌が 毎日 どこかで歌われるけど”
”皆 暮らしが忙しすぎて あっという間に かき消される”(2)


今の時代、どこにいても、ネットワークを介して通じる事が出来ます。言葉も、映像も、音楽も、何もかも、異常な早さで、私達の目の前に展開されています。

あまりにも供給が多過ぎて、自分の持ち時間から溢れてしまっています。

音楽は私達の生活の中にBGMのように溶け込んで、もう、空気を吸うように、存在しているけれど、それを取り入れたのかも分からぬまま、吐き出して居るような気さえするのです。”その味すら吟味しないまま、飽和した空間で、呼吸して過ごしているのかもしれない。”そんな気持ちにもさせられる曲です。

音楽は消耗品のようになっている現状と、曲に関心を向けて好きでいる人がいることが皮肉交じりに、音楽愛と共に伝わってきます。

大人になると純粋に好きなものを好きでいる時間が無くて、自分の生活に関心を向ける時間が多くて、何が好きで何が大切で…みたいな感情が希薄になってしまうのだけれど、そんな現状が、ちょっとだけ後味の悪さに感じて、切なさと一緒に、この曲から痛感させられるのだと思います。だから、何度も聞いてみたくなるのかもしれません。

リリック全文、気になる人は、是非、聞いて見てください。

(…これなら、CIA捜査官のふりをした痛い人が書いた文章には見えないですよね?この調子で行けば、全うな紹介文が、きっと出来るに違いありません。)

次の曲に行きましょう。


【2012年にクリスマスが終わるfeat.ハハノシキュウ】

 

(DOTAMA)
”何の因果か祝いたくもない サイレントナイト”
ホーリーナイト 山下達郎みたいにきっと君は来ない”
”幸せなカップルは 地獄へ落ちろと28歳”
”一人暮らし このしきたりの前で私はロンリーナイト”

(ハハノシキュウ)
”『クリスマステロル』って小説を読んだことがないんだったら”
”絶対に読まない方がいいよ”
”君がいないクリスマスがどうのこうのってアンタはしきりに呟いてるけど”
”クリスマスがいない君の事を考えた事が一度でもあんの?”(3)


子供の頃はクリスマスは楽しみだったという人は多いと思います。
私も、もちろん楽しみでした。
まあ、やっぱりプレゼントとかごちそうとか…楽しみでしたよ。
振り返ってみると、現金な子供だったんでしょうね…
いい子にしてれば貰えるという結構楽勝な条件でプレゼントが貰えます。
ていうか、クリスマスというとそういう日だから、無条件でなんか貰っていた気がします。
そういう場合、渡されてから、いい子にすること的な約束を呑まされます。
私だけじゃなくて、こういう感じのイベントだった家庭は多いのではないでしょうか。
もちろん渡すのはサンタクロース名義の親です。

でも、だいたい、どこかを境に扱いが雑になってきます。
私の場合、小学校高学年ぐらいでそれがやってきました。

プレゼントは仏間に、おばあちゃん名義で、
そして、貰ったものは、そこそこの難易度の謎の洋ゲーでした。

仏教なのか…キリスト教なのか…
謎の異文化コラボのおかげで、クリスマスの意義を小学生ながら考えさせられました。


それが原因か分かりませんが、私は自分の街にプレゼントを配るにはどれぐらいの速度でサンタクロースが移動しないといけないか計算するような拗らせ系に成長してしまいました。
(計算結果を話すと長くなるから、 端的に言うと、サンタ業をやってる会社はブラック企業に違いないということが分かりました。)

いけませんね。クリスマスの曲を聞くとどうしても思い出が蘇り、どーでもいい話なのに書きたくなってしまいます。ちゃんと曲の紹介をしましょう。

上記引用を見ていただくと、分かりますが、クリスマスに対する攻撃力の高さが窺えると思います。

DOTAMAさんのライブに行った事がある人は、DOTAMAさんのMCでこんなこと言ってるのを聞いた事があるかもしれません。

「僕の曲には、妬み、嫉み、恨みしかありません…」

この曲はその代表格と言っても差し支えないと思います。

クリスマスに対して”なんらかの”恨みがある人は聞いてみてください。
そこには、あなたの望んだクリスマスの形があるかもしれません。

子供の頃あんなに楽しかったクリスマス。大人になったら消えてほしいくらいに腹が立つ。
なんで、そんな真逆の感情を抱いてしまうのでしょうか。
答えは単純ですが、世の中でクリスマスと言われている幸せの形に自分が参加出来ないことへの僻みみたいなものだと思います。自分の思い描いた幸せが、自分の手元にあるなら、こんなに腹が立つことは無いのです。かく言う私も、こんな悟りを開いておいて、クリスマスが腹が立つって思っています。実現できないのなら、この感情は慰めるしかないんです。

【2012年にクリスマスが終わる】は、そんな私達、”クリスマスを滅ぼす会”のメンバーの心の支えです。(文脈上、たった今、会を立ち上げました。よろしくお願いします。)
年々、心を増幅させる”クリスマスの幸せ”は、逆に私の心の爆薬に油を注ぎ、毎年サンタクロース殺害の方法を思いつかせます。(完全なる邪念です。)

実はクリスマスを楽しみたいんです。でも、楽しくないし、楽しめないんです。
だから、この”クリスマスの期待”は全部破壊衝動に様変わりしてしまっただけなんです。
この曲のリリックはそんな感情を感じてしまいます。そして、そんな破壊衝動は誰しも想起しゆることです。

 

実は、この記事は、暇に任せて、クリスマス真っ只中のショッピングモールで幸せそうな家族連れやカップルを眺めて書いていた所なんです。

家族連れやカップルに決して罪は無いのに、何だか一人でこんなことをしている自分に虚しさを感じました。よもや道連れに…と良からぬことすら頭をよぎりました。

もし、そんな拗らせ方をしてしまったなら、この曲を聞くべきです。

ハハノシキュウさんのリリックは、だいぶ抽象的な印象を受けます。なんていうか、概念ごと、クリスマスを否定していくような壊し方です。

DOTAMAさんのリリックは、クリスマスの決まり事を一個一個丁寧にへし折っているような印象を受けます。ある意味、真面目な壊し方です。

両方とも上手く噛み合っているので、隙が無いクリスマスクラッシャーに思えます。
概念もルールもぶっ壊しているのですから…

ただし、最後まで聞くと、クリスマスを壊すことの無意味さに駆られてしまいます。一番最後ハハノシキュウさんのバースです。

だから、本当にクラッシャーしちゃいそうな人にこの曲を薦めます。
目に見える幸せが手に届かないと妬みや嫉みを増幅させてしまいます。
当たり所の無い感情は音楽で慰めてください。

クリスマスに街に溢れてる曲はクリスマスソングばっかりだし、こんな曲は絶対街に流れないけど、確実にクリスマスで心が逆剥けた人達の治療薬にはなると思っています。

それで、最後のハハノシキュウさんのバースですが、実際聞いてほしいので、ここには書きません。私はこの曲のおかげで心の中に”クリスマスを滅ぼす会”を設立するのみに留まっています。良かったら、聞いてみてください。(もし、読んでる人がいるなら、聞いたことある人がほとんどだよなぁと思いながら書いてます…)

あと、2曲紹介する予定です。次の曲は、もしも、”クリスマスを滅ぼす会”を実行に移してしまって、声高に、幸せそうな人たちに気持ちをぶつけ始める寸前なんです。という人達へ紹介します。
そういう気持ちは、なんでも吐き出せばいいというものでも無いって思うかもしれません。

 

【本音feat.般若】

 

(DOTAMA)
”本音が尊ばれる世紀 皆で 本音曝す世紀”
”敢えて俺 言わない精神 でも実は殴りたい 全員”
”なんでヤツが売れてるの?とか”
”なんで評価されてるの?とか”
”言ってもしょうがない けど死にたくなる 聖人君子”(4)

 

今の時代、本音は曝されやすいです。SNSなんて本音の宝庫みたいなものですね。
でも、その本音に対して、よく言ってくれたって”いいね”される事もあります。
そういう時代なんだと思います。
そういう時代を生きている私達が気を付けないといけない事があるなら、本音を言いすぎてしまっているかもしれないことかもしれません。SNSは匿名性だから、本音を言いやすいのかもしれません。問題なのはそれよりも、顔が見えないから相手がどんな反応するとか分かりづらいツールだったり、知らない人の素性も知らずに、物が言えてしまうからでは無いかと思います。
私はそれで前科がたくさんあるのでSNS触りたくないし、言える立場でもないですが、本音は思ってる事をどこまで伝えて良いのか分からないから、相手の心にある言葉の通り道より大きな言葉を言い過ぎて、傷つけてしまうんだと思います。
本音って一番簡単な例を言ったら、自分の心の中で相手がブスだと思ってしまったら、相手に「ブス」って言ってしまうような事です。正直、そこまで行くとただの罵倒と変わらないし、これは心無いですけど。
もう一つは、こうしたら良いと思うけど、言ったら傷つけそうな事です。伝え方一つではいいアドバイスに変わるかもしれません。
この曲のリリックにはこうあります。

 

”用法・用量は守って 用法・用量は守って”
”用法・用量は守って ぶっちゃけてみ”(5)

 

まさしくその通りで、本音は劇薬なのかもしれません。さじ加減一つで人の心を鬼にしてしまいます。

この曲のフィーチャリングは、般若さんです。般若さんのバースは本音しか言ってません。(気になる方は、聞いてみてください。)ただ、これは般若さんが歌ってるから大丈夫なリリックだと思います。人によっては絶対言わない方がいい言葉が軒を連ねています。

”用法・用量”は人によって違うので、そのあたりも見極めないといけません。

日本語だから余計に気を付けなきゃいけないのか、人間だから気を使わなきゃいけないのか…色々考えさせられるんですが、この曲を聞いて思うことは、人付き合いの本質は”本音”を言う事では無いということです。ある程度、建前も使えないといけないし社交辞令も使えないといけないし…大事なことは、円滑にコミュニケーションを取れることなんじゃないかと感じます。そうでないと、人は離れて行ってしまうので…。そういうリリックに、マインドサラリーマンらしさが込められていると思います。私は、あんまりコミュニケーションは得意じゃないので、はっきり言って精神年齢3歳級のことを普通に言ってる時があるので、自戒の念も込めて、よく聞いています…。自分の発言を思い返すきっかけになります。これを読んでる人で暴言等、心当たりのある方は『謝罪会見』も合わせて聞くといいかもしれません。

さて、次で最後の曲になります。
「お前の話、説教くさい死ね」と思い始めた皆さんもこれで〆ですから、読んで頂けると有難いです。最後までベストを尽くして紹介します。


【ベストソング】

 

”歌いたい ベストな歌 13年間思ってた”
”目指す 僕のベストソング 宣言し 尽くすベスト”
”アイディア こだわり持っている 表現力も持っている”
”皆に楽しんでもらいたいって情熱 気持ちも持っている”
”煮詰まっちゃったら交通渋滞 バトルみたいにしょっちゅうつっかえる ”
”時代 流行 追いつかない そんな楽曲 歌いたい”
”聞きやすい曲 聞きづらい曲 明るい曲 暗めな曲”
”全部まとめて ベストソング 今日も歌おう ベストソング”(6)

 


とても前向きで明るい曲です。”どんなことでも全力で、ベストで頑張ろう。”という気持ちになれる良い曲です。試行錯誤しながらも、ベストを尽くすという姿勢が物凄く伝わってきます。特に、なにか作ろうとする人にとっては、共感すべきところもあり、前向きな応援歌として聞けると思います。作ったものにどれだけ労力を注いでも、それが思うように評価される事っていうのはなかなかありません。自分にとってのその時の全力でも力不足で上手く表現できていなかったりするからです。だからこそ、始めた事を続けるというのは難しいものです。
DOTAMAさんのこのリリックには説得力があります。
13年間ずっとベストな歌を歌いたいと思って、表現し続けている人の言葉だからです。
私も、意味不明なサイトを約1年、閲覧数も増えないまま続けていましたが、例え、1年でも、上手くいかなきゃ、相当、嫌な気持ちになります。私は文章を書くのは嫌いな方では無いです。むしろ、楽しめる方ですが、止めようかなと思いました。どれだけ好きでも続けるのは大変なことです。だから、13年続けるというのは、どれほど大変なことかと思います。

”何かを表現して作る事にベストを尽くすこと”それは、受け取る人の為でもあります。
それを貰った人が元気になったり、楽しんだり、時には悲しい気持ちを呼び起こしたり、さまざまな感情を相手に宿します。
その気持ちによって、その人の行動や意欲に結びついて、前向きに進む力を与えられます。
この【ベストソング】だったら、何か作ろうとする人、表現しようとする人にとっては、それを後押ししてくれるような気持ちになれると思います。
曲によって感じることは人それぞれですが、音楽は人の心に寄り添った時、はじめて、その人のベストになると思います。どんな歌でもその人の心にある限り名曲として残り続けます。
そんな【ベストソング】をこれからもDOTAMAさんには、作り続けて欲しいなと思いました。気になったら、『DOTAMA BEST』ごと買ってみてください。

いかがだったでしょうか。
前回より改心して記事を作りました。ただ、私はひねくれているので、「まーた、どうせ誰も読まねぇよ」とちょっとだけ思っています。どれだけ前向きな曲を聞いても、ネガティブな感情を完全に消し去ることは出来ませんが、それごと創作意欲に変えて、ネガティブもユーモアに変えられたらいいなと思っています。これからも紹介記事は書いていきたいのでよろしくお願いします。読んでくれた方には感謝いたします。

 

 

DOTAMA BEST

DOTAMA BEST

 

 

 


引用『DOTAMA BEST / DOTAMA』より

【好きな歌が街に溢れて】(1)(2)
【2012年にクリスマスが終わるfeat.ハハノシキュウ】(3)
【本音feat.般若】(4)(5)
【ベストソング】(6)