日本語ラップ.xyz

日本語ラップの感想を書いています。

般若「話半分」/08.汚ねえ居酒屋

般若「話半分」/08.汚ねえ居酒屋


汚ねえ居酒屋でジョッキを傾け笑う
一歩外に出れば高層ビル立ち並ぶ
肩で切るより この風で出来るだけ洗う
何でもねえ 何でもねえ 出来るだけ長く


般若「話半分」より「汚ねえ居酒屋」


素面で自分が何になりたいか話せるほど、私は出来あがっている人間じゃない。素面だったら、適当に誤魔化して本当の事なんて言うわけねぇ。この曲の話をするのに、一番都合悪い事があるとすれば、私は、酒を飲まないタイプの人間だということだ。酔っ払って口を滑らす感覚とかもよく分からない。さっき、公園でストロングゼロって書いたけど、あれ一缶で悪酔いして最悪な気分になっただけだから、もう絶対に飲みたくない。
だから、居酒屋に行く機会なんて、よほどでも無いとあり得ない。私が"汚ねぇ居酒屋"を想像したところで、所詮フィクションになってしまう。多分、"マクドナルド"の話をした方がよっぽどリアルになる。でも、居酒屋もマクドナルドも対して変わらないのは、その辺に、雑談が転がっていて、嫌でも耳に入ってしまうことだ。だから、ビートの上で繰り広げられる雑談のようなリリックは、ある意味ではセッションのように聞こえ、そこで交差する人生には、こくりと頷いてしまうリアルさが漂っていると思える。一番、話半分という言葉を地で行く曲かもしれない。他人事を真剣に聞くなんて、どこか矛盾している。雑談は、それこそ、話半分くらいに聞いていた方が良さそうだと思う。普通に生きていれば、皆、現実と真正面に向き合ってる事になる、居酒屋で話すときは、大抵斜め上くらいからそんな人生を見てるのかもしれない。それぐらいで眺める人生が話半分、酒のツマミになってくれそうだ。私も自分の将来を斜め上に見てみたら、一体何になりたいのか話せそうな気がする。

そうだなぁ、一体何になりたいか分からないけど、この記事を完成させた方が良いと思う。

結局、私は素面で書いてる訳だから、現実を直視して、今出来る事の話しか出来ない。エア居酒屋出来るほど私の居酒屋のカウンター席に余裕は無かったようだ。居酒屋から一歩外にでれば、誰でもそうなんだけど、そこには現実がある。居酒屋で現実でまた頑張る為に世間話なんかして一休みするんだろう。誰だって居酒屋でする話の目線はそんなにまっすぐではないけれど、"MY WAY"を追いかける視点はずっとまっすぐだと思う。