日本語ラップ.xyz

日本語ラップの感想を書いています。

般若「話半分」/10.家訓

般若「話半分」/10.家訓


今から言うこと3つ守れ
1つ目はあいさつだけはしとけ
勉強や運動出来なくても
大きな声でソレだきゃしとけ
2つ目言うから良く聞いとけ
オレより先に絶対死ぬな
どんなにでっかいケンカをしても
母ちゃんだけは大事にしとけ


般若「話半分」より「家訓」


家訓っていうのは約束事だ。私みたいに、約束事をちゃんと守れない人が聞いて、どうこう書ける事はない。わざとだろうが偶然だろうが間違えたなら、約束違反だというのが私の心情だった。少し前に、約束を破った気がするんだけど、それでどんだけ落ち込もうが相手は知らないと思うし、相手は怒ってると思うし、謝っても遅いと思う。だから、書きづらくてしょうがなかった。そして、今、こうやって書いたところで、どこまで言ってもその言い訳にしかならないから、ぶっちゃけ書きたくないのが本音だ。
そして、こうやって書いたら、"じゃあもう書くなよ"っていう話になってくる。先に先に相手が否定してくるのが目に見えるのは何でだろう。揺るがない信条が無いからかもしれない。そう思えば、この曲の真価が、私にも分かる。
"家訓"を、話半分に聞く人はいない、真に受けて聞くべきだ。
別に、信条は宗教じゃない。それぞれ意見があって良いと思うけど、自分の意見をぶつけて相手がどう思うか想像出来ないなら、いい加減な事を言わない方がいい。約束事を破ったり、相手が傷つくような事をしてしまう私にさえ、それが分かるんだから、分かっていないのなら、それは、想像力か思いやりにかける。口から出任せに相手に対して何でも言えば良いというものでもないと思う。
それは、私がここ数年、痛感したことなので、間違いないと思う。
この家訓は、口から出任せに言える事じゃない。家訓と命題された時点で、とても大きな信条であり、ちょっとしたことで変更出来ないからだ。そこには覚悟と約束が詰まった思いやりの言葉が語られている。話半分に聞くべきじゃない事を思い知らされる。
この曲から感じるリスペクトは、家族に対してものであり、リスペクトがあるからこそ思いやりが存在している。大切な話をしているからこそ、そこに侮蔑や罵倒は一つもない。単なる優しさではなく、今まで生きてきた人生の中で、大切な事を伝えたいからこそ、相手に丁寧に伝え、言葉を選んでいるのだと思う。
冒頭から人の生を祝福するように、家族であるだけで素晴らしい事を説けるのは、家族というものに対してどれだけの思いを持って生きていたのかが伝わる。それは、「家族 feat.KOHH」を聞いてもよく分かると思う。いるだけで有り難いと思える人がいる事を当たり前のように享受している日常の大切さを再確認できるような家訓であり、自分に何もない訳じゃないからこそ、その絆を守るために行動すべきであるという大切な信条がリリックに込められている。そして、家族を大切にする人間だからこそ、"君が居ない"という失う事への感情もまた底知れないと思う。